〜スキル・人脈・知識のなかったフリーターが13年間うまくいった方法〜

〜スキル・人脈・知識のなかったフリーターが13年間うまくいった方法〜

約束を守る人・約束を守れない人【仕事、人間関係、人生をよくするために】

人生を変える 悩みと不安 自分磨き

子供の頃から親や先生に「約束は守りなさい!」と、多くの方が言われてきたのではないでしょうか?
ところが、約束を100%守リ続けてきた!という人は天然記念物なみに稀ですよね^^

こんにちは!
アーティスト兼、心や人生のコーチ・カウンセラーをしているYUJIです。

悩みや不安を手放し、人生を変えるための魔法。
今回は仕事や人生、人間関係を左右する『約束』について考えてみます。

この記事を書く僕は、フリーターで夢に挫折しニートになりパリへ逃避。結婚後、就職と転職ジプシーで失敗したり悩んでばかり。しかし、自分をデザインする方法を見つけてから人生が劇的に上手く行き始めました。このブログでは5,000人以上に関わり得た自分をデザインし、人生をリデザインするエッセンスをお伝えします。

最初に質問です。
『あなたは、あなた自身に約束をしていますか?』
想像してみてください。

約束を守る人・約束を守らない人

1,約束を守る人・約束を守れない人【仕事、人間関係、人生をよくするために】

約束を守る人・約束を守らない人
世の中には『約束を守る人』と『約束を守れない人』の2種類の人がいます。
「あなたは、どちらですか?」
そう聞かれて答えられる人は多くないかもしれませんね^^
僕もそう…

なぜなら、誰もが約束を守ったことも、破ったこともあるからです。

ここでは改めて約束の大切さをお話するのではなく、仕事や人生、人間関係がうまくいくために約束とどう関われば良いか僕の考えを書きたいと思います。

2,約束には2種類ある

人がする約束には2つの種類があります。

・人との約束
・自分との約束

①人との約束

僕らは家族や友人、仕事など関わるすべての人との約束をします。
「仕事帰りに牛乳を買って帰る」のも立派な約束。

仕事で顧客と約束する場合。

・品質の約束
・期間の約束
・お金の約束等

当たり前ですが、このうち一つでも約束を破ったら大変ですよね?

しかし、この当たり前のことができていない人が意外にいるんです。

社会人になって数年の時、僕を含め約束を守れる人は思ったほど多くないのかもしれない…
そう思ったことがありました。

もしあなたが約束を高確率で守る人であれば、それだけで仕事や人生、人間関係において大きなアドバンテージになるはずです。

②自分との約束

冒頭で僕は『誰もが約束を守ったことも、破ったこともある』と断言してしまいました。
理由は、人との約束は守れても、自分との約束は守れていない人がいると思っているからです。

僕自身心当たりだらけなのと、コーチングセッションでもクライアントさんたちを見てきて自分との約束の難しさを実感しています。

・早起きをする!
・ダイエットする!
・イライラしない!

身に覚えありませんか?^^

仕事では「水曜の夜は趣味の〇〇をする」と決めていたのに、後から入った顧客との約束を優先してしまうことはありませんか?ある意味仕方ないのかもしれません。
しかしこれは、自分との約束を守れなかったことに、変わりないんです^^;

人との約束はもちろん、大切な自分との約束もスケジュール帳に入れて守って行きたいものですね。

3,「約束を守れない」と「約束を守らない」の違い

約束を守る人・約束を守らない人
約束を破ることには、2つの種類があります。

・約束を守れない
・約束を守らない

たった一文字の違いですが、意味合いが大きく異なります。

『約束を守れない』本人は守るつもりなのに、何かしらの理由で約束を守れないこと。
『約束を守らない』は本人に約束に対する責任感がなく、罪悪感を感じずらいため約束を守らないこと。

約束を破ってしまったという結果は、一見同じように見えます。
しかし実は、原因が大きく異なるんです。

①約束を守れない人の特徴

時間管理がうまくできないため、約束したスケジュール通りに行かないことが原因になることがあります。他にも、本人が自分の能力以上のことを約束してしまう場合にも起こります。

仕事でよく起こるトラブルがこれ。
本人は「相手の期待に応えたい!」という前向きな気持ちで、約束をしてしまうこともあると思います。その気持ちは大切に、どうすれば次はうまくいくのかを考えることが大切ですね。

《時間管理スキルについての記事はこちら》
»忙しくて夢を叶えられない人へ【自由な時間を増やす3つのカギ】

②約束を守らない人の特徴

約束を守らない人の特徴

・相手と自分への甘え
・反省や罪悪感が少ない
・習慣

約束を守らない人は、「守れなくても仕方ない」という甘えがある場合があります。これを繰り返すと、約束を守らないことが習慣化されてしまうことも。
こういう人にイライラすると自分が疲れてしまいます。アドラー心理学的にはこの行動は他人の課題、もしエネルギーを使うならこの行動には『何かしら肯定的意図』があると考えるのはどうでしょうか。

4,約束を守るとどうなる?

約束を守ることのメリットはズバリ『信用を得る』ことです。
約束を守ることで、あなたの信用ポイントは少しづつ貯まっていきます。
このポイントは現代ではお金より重要ですね。

信用は、あなたの仕事も人生も人間関係も豊かなものにしてくれます。逆に信用がなければ、あなたの仕事や人生、人間関係が豊かにはなりづらくなるでしょう。

そのくらい大切な信用は、貯まりづらく、無くなりやすいという性質を持っています。
まるでお金みたいですね^^

つまり、時間をかけて貯めた信用を一瞬で無くしてしまうという事もあるということです。

5,まとめ:約束を守る人・約束を守れない人【仕事、人間関係、人生をよくするために】

約束を守る人・約束を守らない人
人生や仕事、人間関係を左右する『約束』についてお話してきました。

子どもの頃から親や先生に約束の大切さを教わり、今に至るまで何万回何千万回と約束をしている僕たち。
当たり前のことですが、昔から大切と言われたことをしみじみと実感します。

約束には2種類ありました

・人との約束
・自分との約束

人との約束は守れても、自分との約束を後回しにしてしまう人も多くいます。
人生や仕事、人間関係ではこの小さな違いが将来を左右します。

「守れない」と「守らない」の違い

・約束を守れない人
・約束を守らない人

本人の能力不足で約束を守りたくても守れない人と、甘えや習慣、罪悪感の無さから約束を守らない人の2つのパターンがあります。

仕事でよくあるのは前者。この場合は誠意を持って対応することでフォロー出来る場合があります。後者の場合、相手の課題ではありますが、もし行動に対してイライラしてしまった場合は、肯定的意図を探すことにエネルギーを使ってみましょう。

約束を守ることでどうなるか

人からの信用を得ることができます。
仕事でも人生でも人間関係でも信用は超重要アイテムです。
信用ポイント資産がその人の人生を左右すると言っても過言ではありません。

約束を守ることで、人からの信用が高まります。
信用ポイント高所得者は、豊かな仕事、人生、人間関係につながります。

最後にもう一度質問です。
『あなたは、あなた自身に約束をしていますか?』

P.S.

「約束を守ることは大切」
そもそも記事を読まなくても、多くの人が知っていることですよねw

とは言え、守りたいと思っていても、現実的にはなかなかできない人もいると思います。
約束は『気持ちや気合い』だけで、なんとかならない場合がありますからね。
本文で書いた通り、時間管理術などのスキルが必要なこともあります。
過去から持参したビリーフが原因のこともあります。

《ビリーフ(思い込み)の見つけ方はこちら》
»【人生を左右する】プラスの思い込みとマイナスの思い込みの見つけ方

手放したいものがある人、手に入れたいものがある人、そして人生を変えたい人。
まずはあなた自身と、ゆっくり向き合う時間を作ってみてはいかがですか?
スケジュール帳に、消えないボールペンで予定を入れてみてくださいね。

あなた自身をデザインすることができれば、人生は必ず変わります。