〜スキル・人脈・知識のなかったフリーターが13年間うまくいった方法〜

〜スキル・人脈・知識のなかったフリーターが13年間うまくいった方法〜

寄り道のススメ【自己実現に焦る人へ】

人生を変える

「今の仕事は私のやりたい事と違う」
「寄り道なんかしてる場合じゃない」

昔の僕は常にこれでした。
しかし、今は《WELCOME 寄り道》というスタンス。
なぜなら、今の僕は寄り道のおかげだからです。

こんにちは!アーティスト兼、心や人生のコーチ・カウンセラーをしているYUJIです。

この記事を書く僕は、フリーターで夢に挫折しニートになりパリへ逃避。結婚後、就職と転職ジプシーで失敗したり悩んでばかり。しかし、自分をデザインする方法を見つけてから人生が劇的に上手く行き始めました。このブログでは5,000人以上に関わり得た自分をデザインし、人生をリデザインするエッセンスをお伝えします。

考え方や活かし方を知れば、寄り道はあなたの自己実現の手助けをしてくれるはずです。

あの寄り道があったから、今の自分がいる。

最初に質問です。
『あなたが昨日したことで、自己実現に関係することは何でしたか?』
想像してみてください。

寄り道のススメ

自己実現,自分磨き,寄り道

将来の目標に対して、今自分がやっていることにズレがあるようなこと。
僕はこれを寄り道と呼んでいます。

どちらかというとネガティブなイメージがある寄り道。
しかし、寄り道をしたことで得られる物や人生があります。

最初に寄り道の効果を知ってもらうため、寄り道した結果、叶った僕の仕事をご紹介します。

・ミュージシャンやなぎなぎさんのMV
・コンポーザー赤坂美和さんのPV
・ハートリボン運動やライブ絵本のテーマソングの作詞
・VR絵本「眠りの精オーレ」の絵、脚本、音楽
・拙著絵本のアニメーションなど

これらは僕の寄り道があったから実現した仕事です。
その他、デザイン会社経営や自己実現をする上で役立った寄り道は数え切れません。

あなたが今、「これは寄り道だ!」「あきらかにムダな時間だ!」と思っていることが、実は人生のどこかで役に立つ。そんなこともあり得る話なんです。

①寄り道のメリット・デメリット

まずは寄り道のメリット、デメリットについて考えてみます。

メリット

・経験値が増える
・視野が広がる
・オリジナルの存在になれる

デメリット

・ゴールまでの時間がかかる
・モチベーションが下がる

寄り道は、最短ルートと比べ目標(ゴール)までの道のりが長引くことが多いです。
そのため、途中でモチベーションが下がったり、挫折リスクを伴います。

このデメリットを上書きするためにも、寄り道のメリットを十分活かすことがポイントです。

技術的な仕事でも専門的な仕事でも、新しいことを始める時や、他者との圧倒的な差をつけるためには量、つまり経験値が重要です。
経験値を増やすには行動しかありません。
本を読む、とりあえずその場所へ行ってみる、やってみる。
仮に望んだ結果にならなかったとしても、確実に経験値は積まれています。
そして視野も広がっています。

寄り道はすべてあなたの経験値として、あなたのものになります。

もしあなたが、ある程度の寄り道をして来たなら、それを掛け算してみてください。
それがオリジナルのあなたになります。

僕の寄り道を掛け算した場合、次のようになります。

コンサルタント×起業家×経営者×コーチ×カウンセラー×アーティスト

こうなると僕にしかできないことが出てきます。
例えば僕の自己実現のやり方は、クリエイティビティとビジネス戦略、心理学を融合したものです。
1つでも経験値がなければできないものなんです。

寄り道は活かし方次第だと思いませんか?
あなたが今、寄り道だったと思った経験を活かすことで…。

・唯一無二の存在になれる
・仕事や人生、人間関係の幅が広がる
・新しい発想やアイデアがうまれる

こんなメリットがうまれます。
僕が12年間超マイペースなのに、うまくいっている秘訣はこういうところにもあると思っています。

②無駄な寄り道の犯人

「寄り道のメリットはわかった。でもすべてを活かすことはできないのでは?」

そう思う方もいるかもしれません。

ここでお伝えしたいことは、

寄り道を活かすも殺すも、あなたが決められる

ということです。

早速、犯人探しを始めましょう。

ある出来事を無駄だった、有益だったと決めている人…。
それは、他でもない…

『あなた』です。

もちろん、他人が言ってくることもあります。
しかし最終的に決めるのは自分ですよね?

同じ出来事(寄り道)を経験していても、それを「無駄な寄り道」と意味づける人、「有益な寄り道」と意味づける人がいます。
これは人それぞれが持つ脳のフィルターによって同じ事象でも、意味付けが異なることを示しています。
実はここが、人生を幸せに感じて生きるかそうでないかのポイントでもあるんです。
ちょっと話が寄り道にそれてしまうので、これは別の機会に^^;

僕は小学校6年生の時、ピアノを1回だけ習って辞めました。
高校でも独学で再開して挫折。
いまだに弾けません^^;

ところが15年後、自身の作品のテーマソングのイメージを作曲家に伝える時に役立ちました。
譜面も書けないけど、曲のイメージや使う楽器はしっかり頭の中で描けたんです。
それをきっかけに、僕がBGMのイメージを考えて作曲家に依頼するという仕事がうまれました。

無駄とか有益とか今、判断する必要はありません。答えは最期までわからないから。

無駄かどうかの判断にエネルギーを消耗するなら、有益にする方法にエネルギーを使いたいですよね。
これが、僕の「寄り道」との付き合い方です。

あなたの経験を生かすも殺すも、あなたの腕次第です!

③寄り道の副作用

ここまでオススメしてきた寄り道ですが、最後に副作用のお知らせです。

前述したデメリットの通り、寄り道は目標達成スピードが遅くなるということ。

若くして花を咲かせたいとか、せっかちさんだと寄り道の副作用は大きく感じるかもしれません。

しかし、「急がば回れ」と言う言葉もあります。
Xjapanのhideも『HURRY GO ROUND』で歌ってます。

僕らは人生をA/Bテストのように歩むことができません。
パラレルワールドで検証できれば、寄り道した人生と、しなかった人生の結果を判断できるかもしれませんが、それにはドラえもんが必要です。

僕らができることは、寄り道と感じた経験をどう活かすかです。

人生をよりよくしたいなら寄り道をしよう

最後に人生をよりよくしたい人にとっての「寄り道」の効果効能をお伝えします。
それは、

人生には本人の経験値が表れる

ということ。

世に言う成功者たちは、オーラがありますよね。
一言一言に重みがありますよね。
有名な芸術家たちも、歳を重ねて大きな仕事している人が多いですよね。

あなたのオリジナリティ、唯一無二の世界観を追求するなら、たくさんの寄り道をしてみてください。

深みのある人間になることが、人生をよりよくする近道になるはずです。

Viva YORIMICHI!

「こんなはずじゃなかった」
「こんなことやっている場合じゃない」
そう感じている人も、今は目の前のことに集中です。

その寄り道が無ければ、未来に起こるべきものが起こらなくなってしまうかもしれませんよ。

寄り道からうまれた作品

寄り道

この作品は僕の寄り道がなかったら、うまれなかったかもしれません。

Composer赤坂美和さんの作品『ウレシイゾウ』のイラストとアニメーション構成・演出を担当した作品です。
アニメーション制作は映像クリエイター宝木友浩さん。

まとめ:寄り道のススメ

寄り道
寄り道にはメリットとデメリットがありました。

メリット

・経験値が増え視野が広がる
・オリジナルの存在になれる

デメリット

・ゴールまでの時間がかかる
・モチベーションが下がる

寄り道は時間です。
その時間を経験値を得るために支払っているわけです。

もう払っちゃたのだから、それを活かさないともったいないですよねw

もし今あなたがやっていることが、「自己実現への道とまったく関係ない」と思っているなら時間を捨てているようなもの。
せっかくなので、『自己実現に関係のあること』に意味づけしてしまいましょう。

決めたのはあなた。
だから、あなたならできるはずです。

最後にもう一度質問です。
『あなたが昨日したことで、自己実現に関係することは何でしたか?』

P.S.

「寄り道のメリットや活かし方はわかった。でも自己実現への焦りは変わらない」
そう思う方もいるかもしれません。

そんな方へ質問です。
「なぜそんなに焦るのですか?」

もし答えが何かのせいにしているのであれば、他のことをしても焦りは消えないかもしれません。

それは、焦りの原因が違うところにあるからです。
つまり、焦る理由はすべてあなたの中にあるんです。

お金を稼いでも稼いでも満足しない。
欲しい物を買っても買っても満たされない状態と似ています。

実は僕も経験しています。それがある時、自分の中の原因に気付き開放されました。

長い間、閉塞感を感じていた後の開放感。それは1週間降り続いた雨の後に青空と虹を仰いだ感覚以上のものでした。

あなたがもし、遠い未来を見て焦りに押しつぶされそうなら、まずは今この瞬間を見てください。味わってくださいね。
今の現実を創っているのはあなた自身です。
変えられるのもあなただけ。

自分自身にいいね!を出せる人生に。
周りの人にいいね!と思われる人生に。

今すぐできるし、じっくり考えてでもいい。
決めるのはあなただから。
あなたをデザインし、人生をリデザインできるのは世界にたった1人しかいないのです。

鏡に映る自分の笑顔、幸せそうな声、そんな日を胸に今日もあなたらしい一日をデザインしていってくださいね。