〜スキル・人脈・知識のなかったフリーターが13年間うまくいった方法〜

〜スキル・人脈・知識のなかったフリーターが13年間うまくいった方法〜

夢を叶えるトリセツ【自己実現する方法】

自分磨き 自己実現

「自己実現ができない」
「夢を持ちたいが怖い」

世の中には「夢は叶う」という人と、「夢は叶わない」という人がいます。

こんにちは!アーティスト兼、心や人生のコーチ・カウンセラーをしているYUJIです。

悩みや不安を手放し、人生を変える魔法。
僕は物心ついた頃から持ち続けた夢が、20代前半で粉砕されました。
挫折した時は「夢なんて持たないほうがマシ」と考え直したこともあります。

しかし、それからあることがきっかけで新たな夢を持ちました。
今では、夢を叶えては新たな夢を持ち、自己実現することを続けています。

周りからは「家族もいてその歳でエネルギッシュだね(苦笑)」とよく言われますが、今の僕には夢が無い方が怖い。

今回は、夢を追いかけている人、夢を持ちたいと思っている人向けに、僕なりの夢のトリセツをお伝えします。

最初に結論です…

夢は残酷です。
でも、夢は人生に欠かせないエネルギーです。

この記事を書く僕は、フリーターで夢に挫折しニートになりパリへ逃避。結婚後、就職と転職ジプシーで失敗したり悩んでばかり。しかし、ある方法を見つけてから人生が劇的に上手く行き始めました。このブログでは5,000人以上に関わり得た自分をデザインし、人生をリデザインするエッセンスをお伝えします。

今回の主題は…

◆ 夢を持つことのメリット・デメリット
◆ 夢の見つけ方
◆ 夢を叶える方法

最初に質問です。
『あなたの叶えたい夢は、なんですか?』
想像してみてください。

夢を叶える,自己実現

夢を叶えるトリセツ【自己実現する方法】

夢を叶える,自己実現
夢に大きい小さいはありません。
小学校の時から、ことあるごとに聞かれた「あなたの夢は何ですか?」という質問。

それだけ夢は僕たちの人生に、大きく関わっているんですね。
最初に夢を持つことのメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

①夢を持つことのメリット

夢を持つことのメリット

・人生が変わる
・世界が広がる

僕は中学2年の時、ミュージシャンになる夢を持ちました。
それにより、考え方や行動ががらっと変わりました。

学校や先生の文句ばかり言っている友人とは付き合わなくなり、今までと同じ環境なのに、見えるものが変わり、いつもワクワクするようになったのです。
服装や行動が変わり、能力や価値観までが夢によって変わり、僕の世界は大きく広がりました。

自分に影響を与える5つの階層『ニューロ・ロジカル・レベル』についてはこちら↓

これは社会人になってもまったく同じ。
夢を持つ人は、そういう人たちで集まります。

夢を語り合える仲間は、お互い刺激しあうことで自己実現のスピードが飛躍的に上がります。

夢を持つとあなたのいる世界が変わります。
あなたの見える世界が変わります。

②夢を持つことのデメリット

夢を追いかけて挫折した人は、このデメリットを経験済ですよね?
僕は1冊の本が書けるくらい、たっぷり経験させてもらいました。

夢を持つことのデメリット

・時間、人、お金などを失う
・叶わないリスク

僕はミュージシャンになるため、使った時間は大学時代含め6年。
大学卒業後の3年間は、周りの友人は就職し給料をもらい、服も食事する店もどんどん変わっていきました。

僕は時間をすべて夢に注ぎ込み、結局、何も得られないまま3年以上遅れて友人たちを同じ道を歩み始めることになります。

しかも就職はしながらも、夢を諦めきれない自分がずっといました。
つまり、挫折感を持ち続けていたというわけです。

夢を持つ恐ろしさは、夢を諦めた後も後遺症を残すことがあるということ。そして、時間だけでなく人間関係やお金も失うことがあります。

このデメリットを極力軽減しようとすると、夢への道が遠くなることも。

夢を叶えるということは、等価交換。
どれだけあなたの人生を差し出せるか。

③夢を持つことに意味はある?

ここまでで、「夢を持つことって、リスクの方が大きくない?」
そう思う人もいますよね?

リスクはもちろんあります。
しかしそれ以上に、夢を持つメリットは魅力的なんだと思います。

これは歴史上の人物たちが証明してくれています。後述する僕がニートになりパリへ逃避した理由もこれです。

ではもし、夢が叶わなかった時、果たしてそれは本当に無意味だったのでしょうか?
僕はそう思いません。

なぜなら夢に費やした時間は、後から役に立つことが多いからです。

僕の場合、例えば…

・夢を叶えるコツを知れた
・自分の個性を伝えることに活かせた
・人間関係に活かせた
・仕事に活かせた

ここで話すと長くなるので省きますが、夢を追いかけた経験が社会人になって役立つものは山ほどありました。もちろん会社経営でも人生でも。

失った夢を失敗とするか、次のステップにするかはあなたが決められるんです^^

別の言い方をすると、夢を追いかけて得た経験はすべて、あなたの経験値になっているというわけです。

④夢を見つける方法

今夢を探している人、夢を失ってしまった人へ向けて、新たな夢を見つけるヒントをお伝えしますね。

僕は夢を失った後、朝からゲームをやり、夜中まで映画を観るという引きこもり状態になりました。

そしてある日、夢や目標の無い虚無感から逃げるように、フランスへひとり旅(逃亡?)。
なぜフランスだったか。
そこにはたくさんの夢を叶えた人たち(アーティスト)がいたからです。

僕はパリからイタリアへ縦断し、夢を叶えた人たちの痕跡を見つけました。
高熱に倒れ本当の孤独を経験したり、差別も受けました。
しかし、エズという村である画家と出会い、自分の新しい夢を見つけます。
思い出したと言った方が、正しいのかもしれません。

しかし、この画家との出会いはただのきっかけ。
きっかけから、新たな夢をほじくり出したのは自分自身でした。

夢を見つけるヒントは、あなたの中にあります。
それを思い出すきっかけは誰ですか??

⑤夢の叶え方

夢の叶え方についてですが、これは自分をデザインすることです。
つまりこのブログに書いていることすべてが夢を叶えるヒントなんです^^

僕が夢を持つ時はたいてい、ノウハウも情報もお金も人脈も持っていないところからスタートします。
だから試行錯誤と失敗の連続。
寄り道も多くしているので、時間も他の人より倍以上かかってるのではなかな。

夢の失敗話は何時間でもできるので、興味ある方はいつでもお話しますw
何度も何度も諦めそうになり、時には諦めたりして…。でも自分の可能性を信じて立ち直っての繰り返しでした。
今でこそ、自分をデザインする術を身につけ、以前よりはるかに速く夢を叶えられるようになりましたが。

今わかることは、自分で諦めてしまうことで、夢は叶わなくなるということ。
つまり僕が心折れた時に、どう対処するかが大切です。

当時の僕の例をひとつ挙げるとすると、夢を叶えた人を身近に感じることでした。
自分が敬愛するウォルト・ディズニーやhideなどの作品を感じては傷ついた心をケアしていました。
ベストは本人と直接会ってはなしをするのが、五感で回復できるし良いんですけどねw

夢を叶える情報は世の中に多くありますが、実は心が折れた状態を極力減らすことも、叶え方と同じくらい大切だと言うことを忘れないでくださいね。

僕のコーチングやカウンセリングでは、このような状態になっている人には、心理学NLPのワークを通して最初にケアをします。その後、戦略を立て自分デザインをしていきます。失恋した人に、いきなり「新しい恋人を見つけようよ!」と言ってもなかなか難しいですからね^^

まとめ:夢を叶えるトリセツ【自己実現する方法】

夢を叶える,自己実現
今も昔も、世界中の多くのミュージシャンが夢を歌っています。
それだけ夢は人生にとってかけがえのないものなのかもしれません。

心理学者アブラハム・マズローが「人間は自己実現に向かって、絶えず成長する生きものである」とし、人間の欲求を5段階に理論化しましたが、この頂点に位置するのがまさに夢を叶えることなんです。

ちなみに、1段階目の欲求は「食欲」「排泄欲」「睡眠欲」など生命の維持に不可欠なもの。
それを考えると、夢を追い求めることができる時代に生まれた僕らは、それだけで幸せ者ですよねw

最後にまとめます。

夢を持つことのメリット

・人生が変わる
・世界が広がる

夢を持つことのデメリット

・時間、人、お金などを失う
・叶わないリスク

メリットデメリットで共通している点は、自身の成長につながるということですね。

夢を叶えるには、実現するやり方も大切ですが、心が折れた時、諦めそうになった時のケアも同じくらい大切です。

最後にもう一度質問です。
『あなたの叶えたい夢は、なんですか?』

P.S.

「夢を持つのは簡単。それを叶えるのが大変なんだよ〜」
このような意見を持つ人もいると思います。

その通りなんですよね…

努力し続けているけど夢が叶わない人はたくさんいます。

実のところ、努力よりも自分を信じ続けること、行動し続けることの方が難しかったりするんですよね。
「いったいいつまでやり続ければ夢は叶うの?」と…

これが夢を諦めてしまう一番の原因なのかもしれません。
僕のミュージシャンの夢もそうでした。

昔から「モチベーション」「継続は力なり」という言葉たちがあります。たしかにそうなんです。
でもこの方法がわからないから、みんな困っているんですよね?

ひとつヒントを挙げるなら、「夢は一人ではなく仲間と一緒に追いかけよう」ということです。
世の自己分析テストをいくらやっても、超一匹狼と出る僕が言うのもなんですが、一人では長期間続けることが難しい場合があります。

僕は夢の種類によっては多くの仲間と、追いかけているものもあります。
一人で追いかけていることの方が多いですが、それでも夢を語ったり意見を聴いてもらう相手は必要です。
完全一匹狼だと、数年は生き延びれたとしても、いつか餓死します^^;

まずはあなた自身とゆっくり向き合ってみてください。
心から望む夢は何か、それに関する問題は何か…言葉にしてみてください。
それを聴いたあなたは、何を感じますか?

自分自身にいいね!を出せる人生に。
周りの人にいいね!と思われる人生に。

今すぐできるし、じっくり考えてでもいい。
決めるのはあなただから。
あなたをデザインし、人生をリデザインできるのは世界にたった1人しかいないのです。

鏡に映る自分の笑顔、幸せそうな声、そんな日を胸に今日もあなたらしい一日をデザインしていってくださいね。